コラム

2017/02/11

カテゴリー: 不動産を買う時の注意点

物件を内見する際のチェックポイント ⑧ 昼夜の環境の違い

不動産を見学(内見)しに行く際のチェックポイントです。

 

前回のコラム ⑦周辺環境 

 

昼夜の環境の違い

 

 前回のコラムで駅から物件に行くまでに複数の道順で行ってみると街を面でとらえる事ができるのでお勧めと書きました。

 

 ですが、これだけでは環境の良し悪しはまだ判断できません。

 

 昼はとても活気にあふれた道を通って歩いていけたので良い印象であったとしても、その道がオフィス街を通る道であれば、夜になるとかなり静かで人通りも少なくなっている事でしょう。

 

 物件までに通る商店街が賑やかで良いと思っていたけど、夜になると商店街というより繁華街のような顔を見せる場合もあるでしょう。

 

 このように、街は昼と夜で違った顔を見せることが良くあります。当然昼と夜では集まってくる人も違うでしょう。

 

 長く住むことになる街なのですから、せっかくなら昼と夜違った顔の両方を好きになって楽しめる街を選びたいですね。

 

6-13

新谷加生 プロフィール

新着のコラム

売るときは普通の会社に頼む
  不動産を売却するときに、特殊な事情が無い限りは、なるべく早くなるべく高く…

物件のチェックポイント ⑫ エントランス 
マンションを見学する時に、一番初めに見ることになるエントランス。   …

ドルミ代々木 ~ 買い占めて建替え
- 物件概要 -   ■マンション名/ ドルミ代々木 ■所在/ 東京都渋…

コラム一覧

無料資料をダウンロード

お客様情報登録

無料コンサルティング

オールグリーン オススメ物件

不動産投資をお考えのお客様

オールグリーンのプロ向けサービス

AGサイクルステーション

Kaz Cycle Planning

フェイスブック

アメブロ

twitter

会社概要詳細はこちら

スマホサイトはこちら
ページトップへ戻る